新記事・新商品はInstagramでお知らせ

安い器具が不安な方におすすめのコスパ最強コーヒー器具まとめ

※Coffee fam.は「私が初心者時代に悩んだこと」を振り返り、記事にまとめています。中には悩みの解決に役立ったものをPRしていますのでご容赦ください。

自宅コーヒーを始めるさいに、安い器具から試すのは1つの正解です。
≫総額3000円でコーヒー器具をすべてそろえる

自分に合わない趣味だったとしてもダメージなくやめることができます。

しかしこの方法の弱点として、安い器具は多少使い勝手が悪いところがあるので、ストレスなく楽しみ続けるのは難しいです。

わたし的に器具が原因でコーヒーを楽しめないのは非常にかなしい・・・

そこで、ぜひおすすめしたいのが、5000円~1万円くらいの価格帯
コスパが最もいいこの価格帯で器具をそろえることです。

『タイムモア』や『珈琲考具』、『KINGrinder』など有名ブランドの器具はすべて5000円~1万円くらいの価格帯から販売されています。

今回は、安い器具が不安な方におすすめのコスパ最強コーヒー器具を紹介します

目次

【コスパ最強】コーヒーミルは『KINGrinder』一択

最初におすすめするのはコーヒーミルのコスパ最強です。

少し前までは、7980円で買える『タイムモアC3』をおすすめしていました。

かず

『タイムモアC3』は2,3万円の高級コーヒーミルに匹敵する性能です!

しかし、2022年の12月に『KINGrinder』という新コーヒーミルが登場しました。

特徴としては、タイムモアと同じ性能を維持しながら、6,950円とタイムモアよりも安く購入できるです。

また、上位モデルになれば、下記メリットも得られます。

  • 極細挽きに対応(エスプレッソが淹れれる)
  • 粒度調整が外側についている(1Zpressoと同じ)
  • 刃の形が7角➜よりサクサクと切るようにグラインドできる
出典:公式サイト

これらモデルの価格と使い分けを紹介します。

スクロールできます
モデル名価格使い分け
K06,950円ドリップ用入門機
K18,590円エスプレッソ用入門機
K213,590円ドリップ/エスプレッソ用入門機
K3後日追記【メッシュ調整内部】
中煎り・深煎り向き
K417,590円【メッシュ調整外部】
中煎り・深煎り向き
K5後日追記【メッシュ調整内部】
浅煎り向き
K618,590円【メッシュ調整外部】
浅煎り向き

現在はK3,5が在庫切れ状態です。

どのモデルも高性能を維持したまま価格が下げられており、コスパ最強コーヒーミルの筆頭です。

どれくらいお得なのかをイメージしやすいように比較表を作成しました。

モデル名KINGrinderの価格類似コーヒーミル類似コーヒーミルの価格
K06,950円タイムモアC27,980円
K18,590円
K213,590円
K3後日追記
K417,590円1Zpresso J-Max28,480円
K5後日追記
K618,590円1Zpuresso JP-PRO43,780円

刃の性能で比較し、ほぼ同じものを並べています。

細かい使い勝手のところは違ってくるので参考程度に。

※上記はK0のリンクになっていますが、クリックしていただくとK0~K6まで見ることができる検索画面にアクセスできます。

風味づくりの手助けをする優秀ドリッパー3選

ドリッパーを使い分けることで、コーヒーの風味をコントロールすることができます。

なぜなら、ドリッパーごとに抽出時間や抽出タイプ、ペーパーの有無が違うからです。

今回は3つの味わいを強調するドリッパーを紹介します。

  • 甘みとコクを強調:カリタウェーブ
  • すっきりとした味わい:オリガミ
  • 鬼のパンチ力:39arita セラミックドリッパー

【甘み・コク】カリタウェーブ

甘みとコクを味わいたい方には『カリタウェーブ』がおすすめです。

特徴として、3つ穴の台形型ドリッパーで、リブがありません。

専用のペーパーフィルターをリブ代わりにします。

そのため、中深煎りや深煎りなど甘みとコクが強いコーヒー豆を淹れるさいにぴったりのドリッパーになります。

※陶器やガラスが素材だと値段は半額ほどになります。
※ペーパーフィルターのサイズは購入するドリッパーに合わせてください。

【すっきり】オリガミ

すっきりとした味わいを楽しみたい方には『オリガミ』がおすすめです。

オリガミは、1つ穴の円錐型ドリッパーで、リブがギザギザで深いのが特徴になります。

そのため、お湯がスピーディーに抜けていきすっきりとした味わいになるので、浅煎りから中煎りのコーヒー豆が好きな人は必須のドリッパーです。

また、デザインがとにかくおしゃれで、インテリアとして楽しむこともできます。

味わい、デザイン。

一石二鳥でお値段以上の価値があるドリッパーです。

※ペーパーフィルターのサイズは購入するドリッパーに合わせてください。

【パンチ力】39arita セラミックドリッパー

ペーパードリッパーでは淹れられない個性的な風味を楽しみたい方には『39arita セラミックドリッパー』がおすすめです。

セラミックドリッパーは、ペーパーフィルターを使わないので、コーヒー豆の持っている油分をすべて抽出します。

そうすると、豆の個性を存分に楽しめる、パンチのあるコーヒーを味わうことができます。

デメリットとして、ペーパーフィルターを通さないので、コーヒー豆の品質が悪いとまずい成分まで抽出してしまうことです。

セラミックドリッパーを使う場合は、スペシャルティグレードのコーヒー豆を使いましょう。

【クッキングスケール卒業!】おすすめのコーヒー用スケール2選

同じ味を安定して再現するためにも、重さをはかることがとにかく重要です。

費用的な問題で後回しにしがちですが、最低でもクッキングスケールの購入をおすすめしています。

しかし、さらに技術向上につとめるならば、抽出時間の計測もできるスケールが必要です。

ここでは、重さと時間の両方が計測できるコーヒースケールを紹介します。

コーヒースケール入門:ECORELAX

充電式で時間も計測できる最安値スケールは『ECORELAX』になります。

こちらは2,999円で購入することができ、必要な機能はすべて揃っているのでおすすめです。

ただ、安いだけあって以下のようなデメリットがあります。

『ECORELAX』のデメリット3選
  • 重量計測の制度が甘い
  • 省エネモードの自動電源オフが早すぎる
  • 電源ボタンのタッチ範囲が狭すぎる

使い勝手の部分でイライラする場面も出るかもしれませんが、上記デメリットがあまり気にならない方にはおすすめです。

一生モノのコーヒースケール:タイムモア BLACK MIRROR basic+

これからさき買い替える必要のないコーヒースケールが欲しい方には『タイムモア BLACK MIRROR basic+』がおすすめです。

コーヒー抽出に必要な機能がすべて揃っているのはもちろん、使い勝手の部分でも文句なしになります。

『タイムモア BLACK MIRROR basic+』のメリット3選
  • 精度がカンペキ
  • 充電が10時間持つ
  • 自動計測モード

自動計測モードとは、お湯をそそぎ始めたと同時に、自動で時間計測を始めてくれる機能です。

いちいちボタンを押して時間計測をしなくていいので、お湯の注ぎ方に集中できます。

シンプルですが他のスケールにはあまりなかったのでありがたい。。。

点滴のできる最強ケトルを紹介

お湯のそそぎ方でコーヒーの風味をコントロールするさいに、点滴ができるケトルを持っておくと、出せる味の幅が広がります

多くのケトルは注ぎ口が太くなっており、1滴ずつ丁寧にお湯を落とすのが難しいです。

そこで必要になってくるのが注ぎ口が『S字』に曲がっており『先が細い』ケトルになります。

こちらの『珈琲考具』さんのケトルは、点滴がしやすいケトルの条件をすべて満たしています。

また、直火・IHどちらにも対応しているので、家で使えるのはもちろん、キャンプの際にも活躍すること間違いなしです。

お湯をそそげれば何でもいいように感じますが、抽出にこだわりたい方にはかなりおすすめになります。

デザインがおしゃれなおすすめコーヒーサーバー3選

複数人で飲むさいやマグカップ2杯分のコーヒーを淹れるさいにコーヒーサーバーは必須です。

これがなくても抽出自体はできますが、コップに直接コーヒーを淹れるとなると不便があるので1つは持っておきましょう。

お湯のキレの良さなど機能的な違いはありますが、正直微々たる差。

一番意識するのはデザインです。

そこで、私が「おしゃれだな!」と思うコーヒーサーバーを3つ紹介するので、もし気に入ったものがあれば参考にしてください。

KINTO コーヒーサーバー

どんな雰囲気の部屋にもあうシンプルで洗練されたデザイン

適当に撮った写真すらもKINTOのコーヒーサーバーがあればおしゃれになってしまいます。

珈琲考具 割れにくいコーヒーサーバー

珈琲考具のコーヒーサーバーは樹脂でできており、名前の通り割れにくいのが特徴です。

樹脂で出来ていますが、ガラス製のものとそん色ないほど自然な質感。

また、IHや食洗器に対応しているので、普段使いにぴったりなのもおすすめです。

ハリオ コーヒーサーバー

シンプルイズベスト!

お買い得な値段にシンプルなデザイン。

「これでいい!」の最高峰です。

IH・食洗器対応と、普段使いしやすいのもおすすめになります。

静岡のお茶屋 源宗園 楽天市場店
¥787 (2024/04/10 19:31時点 | 楽天市場調べ)

気分の上がるおすすめマグカップ5選

マグカップはデザイン一択

どれだけ気分が上がるかだけが重要です。

私の趣味とあうかはわかりませんが、おすすめのものを5つ紹介します。

KINTO SEPIA

ひとつ目はKINTOのマグカップ。

他のブランドではあまり見ないセピア色になっており、個性的な雰囲気がすごくいい。

落ち着いた気分になりたいときによく使います。

ソーサーもKINTOであわせると上記の写真のようになるのでおすすめです。

KINTO ペアマグカップ

こちらもKINTOのマグカップになります。

やわらかいフォルムと色合いが特徴で、見ても使っても非常に心地よい。

ペアマグカップなのでお相手がいる方はもちろんですが、ひとりの方も気分によって色を変えて楽しめるのでおすすめです。

※楽天はセット売り、Amazonは単品売りになってます

KANEAKI SAKAI POTTERY flat

こちらは金秋酒井製陶所というところのマグカップになります。

ふらふらっとネットサーフィン中に見つけたのですが一目惚れ。

すぐに購入してしまいました。

お鍋の形のコースターといっしょに使うのがおすすめです。

RayES ダブルウォールグラス

こちらはRayESのダブルウォールグラスになります。

他のダブルウォールグラスはまるっこいフォルムが多いのですが、RayESはめずらしい四角型。

BODUMのダブルウォールグラス

どちらもおしゃれでかわいくておすすめなのですが、私はRayESの四角い方を選びました。

みなさんはどちらが好みですか?

Ovject MUG

こちらはOvjectのマグカップ。

『ホワイト』『マッドブラック』『マッドグレー』『マッドライトブルー』の4色あり、シンプルなデザインが持ち味です。

つや消しされた色なので、落ち着いた雰囲気になります。

私はマッドブラックを買いましたが、友達からも大好評で自信を持っておすすめできるマグカップです。

安さが売りではないひとつ上のコーヒー器具

「安い器具が不安な方におすすめの!」というタイトルで、いくつかコーヒー器具を紹介しましたがいかがだったでしょうか?

何個も簡単に変えるような値段ではありませんが、コスパ最強の名に恥じない優れた器具ばかりです。

私も最初は買うかどうか悩みましたが、実際に買ってみるとコーヒー時間の充実度がかなり上がりました。

今持っている器具では我慢できない部分から順番にそろえて、理想のコーヒー時間を楽しんでみませんか?

Cofee fam.』ではさまざまなコーヒー器具を紹介しているので、ぜひ他の記事もご覧ください。

─────────

もし、コーヒー初心者の友達に教えるなら。

というテーマで私が学んできたコーヒーの知識をまとめました!

1ヶ月目で学ぶこと、2,3ヶ月目に学ぶこと、1年目で学ぶことといったように、体系的にまとめてあります。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる